中古ベンツ購入で節税できるか?

Tax

みなさん こんにちは
公認会計士 税理士の宮田です。

“社用車で中古ベンツを買えば大きな節税になる”
こんな話を聞いたことはないでしょうか?

結論を言えば税金を安くは出来ますが、おすすめはしません。

固定資産は一気に経費にできない

固定資産を購入した場合、原則として全額をその事業年度の経費にはできません。
固定資産は長期使用が前提で、使用期間に応じて経費を計上する決まりだからです。
これを固定資産の減価償却といいます。

使用期間については国が法定耐用年数を定めているため、それに従います。

普通自動車の法定耐用年数は6年なので、購入金額は6年間で全額経費になります。
購入した年は購入金額の一部しか経費にならず、たいして節税になりません。

ただし、ある方法を使えばこの法定耐用年数を短くすることができます。

“中古”ベンツである理由

先ほどの法定耐用年数は新品を購入した場合のはなしです。
中古資産を購入した場合は以下の計算式で計算した数値が耐用年数となります。

中古資産の耐用年数=(法定耐用年数-経過年数)+経過年数×20÷100

4年落ベンツを購入すると、耐用年数は(6年-4年)+4年×20÷100=2.8年→2年です。
(耐用年数の年未満は切り捨て)

耐用年数が2年だから購入金額を2年で経費にすると思われるでしょうが、耐用年数2年の場合は購入金額の全額を経費にできます(ただし期中での取得した場合は月割)。
(詳述はしませんが、定率法償却率が1.000となるためです)

購入した年の経費は新品であれば一部のみですが、中古を買えば全額。
それなら値が張る中古ベンツを社用車で買えば大きな節税につながるという話です。

本当にお得なのか?

税金を減らすという点に絞れば効果はあります。
ただし、以下の通りおすすめは出来ません。

例:売上3,000万円、経費1,000万円の法人 税率30%

①期首に4年落中古ベンツ1,000万円購入
税金=売上3,000万円-経費1,000万円-中古ベンツ1,000万円=1,000万円×30%=300万円
現金支出=中古ベンツ1,000万円+税金300万円=1,300万円

②中古ベンツの購入なし
税金=売上3,000万円-経費1,000万円=2,000万円×30%=600万円
現金支出=税金300万円

①②より中古ベンツを購入することで確かに税金は300万円少なくなりますが、中古ベンツの購入代金の支払いにより手元に残る現金はむしろ減っています。

本当に必要な支出なら構いませんが、税金を減らすために手元現金を減らしては本末転倒です。

したがって、税金を減らすという目的だけで実行するのはお勧めしません。

タイトルとURLをコピーしました