利益と所得は何が違うのか?

Tax

こんにちは
公認会計士 税理士の宮田です。

よく法人税は利益×税率で計算と言われますが、正確には所得×税率で計算します。
それでは利益と所得の違いはなんでしょうか?

利益と所得の違い

利益は会計用語であり、収益-費用で計算されます。
また、利益はその会社の経営成績を表します

一方で所得は税法用語であり、益金-損金で計算されます。
所得は法人税法上の儲けであり、税金を計算するために把握されます。

 

利益と所得の金額はズレる

利益と所得の金額は異なります。

ではなぜ異なるのか?
それは収益≠益金、費用≠損金となるためです。
収益と益金、費用と損金は多くの部分で一致しますが、一部項目は一致しません。

具体的に交際費を例にとりましょう。
利益が想定以上に発生し、納税額を減らす目的で交際費を多額に使ったA法人があるとします。
この交際費が全額損金に該当すれば納税額は減少し、かつ楽しい思いもできて一挙両得です。

一方、同じように利益が発生したB法人が交際費を使わず納税した場合、先ほどの法人と比べて高い税金を納めることになり不公平が生じます
また、国も本来A法人から徴収できたはずの税金が徴収できず税収減です。

このような事態を避けるために交際費は損金にできる金額に制限が掛けられており、その結果費用と損金の金額に差異が生じるのです(費用≠損金)。

利益=売上2000-費用(交際費)1000=1000
所得=益金2000-損金(交際費)800=1200
つまり交際費を多額に使って、経営成績である利益を小さくすることは勝手だけど、税金を不当に安くさせないように損金は一部しか認めないということですね。
タイトルとURLをコピーしました