プロフィール

代表者

公認会計士 税理士 宮田剛

出身地

大阪府生まれ
小学校2年生までを奈良市、小学校3年生~高校卒業まで岡山県倉敷市に居住

最終学歴

神戸大学経済学部経済学科

所在地

大阪市住之江区

略歴

公認会計士合格まで

大学在学時に大学生協から資格予備校TACから公認会計士講座パンフレットが自宅に送付され、はじめて公認会計士という存在を知りました。

経理をする母から「会計系の資格があれば就職に困らない」との助言を受け、手に職をつけるために受験を決意。

猛勉強の末、大学在学時に公認会計士試験に合格しました。

東京勤務時

大学卒業後、新日本有限責任監査法人 東京事務所に就職、金融事業部に配属されました。

信託銀行や証券会社、資産運用会社だけでなく投資信託や特別目的会社等の財務諸表監査業務に従事し、資産価格の調査等の非監査業務も経験しました。

また、法人税申告書や消費税申告書の検証も経験しました。

大阪勤務時

その後有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所に転職しました。

製造業(飲料、アパレル、化学等)や物流業に加えて、地方銀行、信用金庫、信用組合等の金融機関の監査業務にも引き続き従事しました。

また、法人税申告書や消費税申告書の検証も経験しました。

独立への経緯

金融機関が融資先を5段階にランク付けする自己査定を通じ、多くの個人事業主・中小企業の決算書を見てきました。

その中で数多くの事業者が資金繰りに窮し、経営改善計画の作成を余儀なくされていること、また作成された経営改善計画が適切な経営分析の基に作成されていないため、達成可能性が低いと判断され金融機関から追加融資を躊躇されている事実を目の当たりにしました。

このような事態に陥らないためには、早い段階で損益や資金繰りを見える化し、資金繰りに窮す前に経営改善を図っていくことが大切です。

経営者が適切な判断を行える情報を会計税務面からスピーディーに提供し、企業や個人事業主が困難な状況に陥るのを防ぎ、また発展に貢献できるようになりたいと思い、当事務所を開業しました。

タイトルとURLをコピーしました